こだわり、あきらめ

085.jpg
この画像はPixabay からお借りしました。

***

この記事でも触れた、

「こだわり」

という言葉。

よく、

「こだわりがある。」

「あまりこだわらない。」

という感じで、

現在では使用されています。

元来、

「こだわり」

という言葉はよい意味では使用しないようですが、

今日ではよい意味で使用されることも多いのではないでしょうか?

言葉の持つ意味が年月を経て、

変わっていくのも、

私は興味深く感じます。

で、読んで下さっている皆様は、

何かこだわりがありますか?

わたしは、

自分自身では、

あまりこだわらないほうだと思っています。

でも、もしかしたら、

他の人とこだわるポイントが

異なっているだけなのかもしれませんね。


***

また、

「あきらめる」という言葉。辞書では、

望んでいたことの実現が不可能であることを認めて,望みを捨てる。断念する。思い切る。 「登頂を-・める」
                                                 【三省堂大辞林(weblio辞書)より引用】   

とありますが、

どちらかというと、世間一般的には

「望みを捨てる。断念する。」

から、負のイメージで捉えられることのほうが多く感じます。(簡単にあきらめるな!とか)

しかし、私自身は、どちらかというと、

「望んでいたことの実現が不可能であることを認めて思い切る。」から、

あきらめる=明らかに見る

だと思っています。

かなり以前に確かテレビで聞いたんだと思います。

そのことが強く残っています。

***

わたしは、こだわりのある人にも、こだわりが少ない人にも、

魅力を感じることが多いです。

そして、あきらめないこと、あきらめること、

どちらもありだと思っています。

私自身は、

あきらめないでやり抜く力、

あきらめて、新たなスタートする力

両方欲しいと思っています。

***

↓ポチしていただけると嬉しく思います

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

マキタ コードレス掃除機カプセル式充電式クリーナ【CL181FDRFW】を使ってみた<2(総評?)>

*注意*

この記事は

*【序章】マキタ コードレス掃除機カプセル式充電式クリーナ【CL181FDRFW】を使ってみた

*マキタ コードレス掃除機カプセル式充電式クリーナ【CL181FDRFW】を使ってみた<1>

の続きになります。

そして、この記事はマキタの掃除機【CL181FDRFW】を実際に使用している私の個人的な意見になります。
(メインの掃除機として活用しています)
実際の詳しい仕様、操作方法は取扱説明書などをご覧ください。

この記事を併せて、3回にわたって




を実際に使用している私の個人的な感想を書いてきましたが、

最終的な感想などを総評っぽくまとめられたら・・・・・・

と思っています。

***

まずマキタ コードレス掃除機カプセル式充電式クリーナ【CL181FDRFW】

の収納場所について。

我が家の場合は

現在、冷蔵庫横の隙間に収納?しています。

購入した時の取りあえず・・・・・・

が現在まで続いてます^^;

電源もあるので充電も問題ありません。

同じように掃除に使用している

○イックルワイパーも

冷蔵庫横に移動させました。

取り出しやすく、

便利といえば、便利。

しかし、

気をつけて置かないと、

倒れることがあります。(倒したことがあります^^;)

別売りで、立たせておける専用台が売られていますので、

実際に購入される方は、検討されてもよいと思います。

私の場合は、

購入するとき、どうしようか悩んだ結果、

買いませんでした。

専用台を購入しなくても、賢明な皆様は、

当然、フックなどで倒れないように工夫されていますので

参考にされるといいでしょう。

***

そして、付属品について。

マキタ コードレス掃除機カプセル式充電式クリーナ【CL181FDRFW】は、

隙間ノズルが標準付属品で、(マキタの他の機種は未確認)

ストレートノズルに常にセットされた状態になっています。

そのおかげで、

四角い場所を丸く掃除するずぼら主婦の私も、

時折隙間を掃除することができるようになりました^^

そして、ヘッドが、以前の掃除機よりも

小さくなったことで、以前そのままのヘッドでは、

掃除機を使用できなかったところも、

掃除が可能になりました。


ちなみに、

標準付属品以外のじゅうたんノズルや、フレキシブルホースや、

高性能フィルタなどは、

別販売品として、購入することが可能です。


最後に、

マキタ コードレス掃除機カプセル式充電式クリーナ【CL181FDRFW】には、

手元にライトが付いてます。
(マキタの他の機種は未確認)

正直、購入した当初は、

何故にライトが必要???

と思ったものですが、

地味に役立つことがあります。

***

マキタ コードレス掃除機カプセル式充電式クリーナ【CL181FDRFW】

についての長い感想はこれにて終了いたします。
(後日談があれば、また別に書かせていただきます^^)

本当にありがとうございました。

では、また^^


***
↓ポチしていただけると嬉しく思います

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

マキタ コードレス掃除機カプセル式充電式クリーナ【CL181FDRFW】を使ってみた<1>

*注意*
この記事は、【序章】マキタ コードレス掃除機カプセル式充電式クリーナ【CL181FDRFW】を買ってみたの続きになります。

そして、この記事はマキタの掃除機【CL181FDRFW】を実際に使用している私の個人的な意見になります。
(メインの掃除機として活用しています)
実際の詳しい仕様、操作方法は取扱説明書などをご覧ください。




を購入したのは、前記事にも書いた通り

2017年3月です。

それから今日まで使用してきましたが、

結論から申し上げるとおおむね満足しています。

本記事では、前記事で購入に至るまで気になっていた


*吸引力


*充電時間


*紙パック式とフィルター式


について、書いていきたいと思っています。

***

*吸引力*

どの掃除機と比較するかによって評価は大きく変わる部分ですし、

実際、掃除機を使用する際、

使用者がどれだけの吸引力を求めるかにもよる部分です。

我が家の夫と娘が使用した際に、

吸引力について聞いてみると、

弱く感じるとのこと。

私個人的には、許容範囲内です。


*充電時間*

ブログを書くために、家の取扱説明書を確認したところ、

周囲の温度やバッテリーの状態によって変わるとの事。

我が家の場合は10分から20分ぐらいかな???
(曖昧ですみません^^;)

ちなみに充電器で充電が終了すると、

メロディーが鳴ります。

出荷時のままだと、いわゆる、

ピィー!ピィー!ピィー!

という音です。

私この手の電子音が苦手^^;

分かっていてもびっくりすることがしばしば。

でも、この音は無音モードを含め、5種類あり、

変更することができます。

充電表示ライトで充電状態は確認できるので、

無音モードでもいいかとおもったのですが、

充電完了がわかりやすいように、

びっくりしないメロディーに変更しました^^

充電完了後はすぐに使用することもできますが、

取扱説明書によりますと、

すぐに使用しない場合は、

バッテリーの冷却のため、

充電器にそのまま差し込んでおくことがおすすめとの事です。


*紙パック式とフィルター式

マキタ コードレス掃除機カプセル式充電式クリーナ【CL181FDRFW】

は、

カプセル式=フィルター式です。
(以後はカプセル式に表示を統一させて頂きます)

カプセル式のメリットの1つは、

紙パックの買い置きが必要ないこと。

特にコードレス掃除機は、

ゴミを集めておくところが小さいので、

ゴミの量が溜まってしまうと、

吸引力に関わってくる可能性も。

そうなると、紙パックは、

こまめに取り替えたほうが良さそうです。

ちなみに以前使用していた掃除機は、紙パック式でした。

なので購入前、どちらにしようかとても悩みました。

で、最終的に私は、

面倒くさがり節約家?

な性格なので、

紙パックを取り変える必要のないカプセル式を選びました^^


しかし、

カプセル式でもゴミは取り除く必要があります。
(当たり前^^;)

そこで?

ゴミの捨て方があまり上手ではない私。

何度か失敗しております^^;

私個人的な技術?の問題か、

システム的にはそんなに難しい訳では無いと思います。

そんな私が言えることとしては、


*カプセル内のゴミを捨てる場合は、取扱説明書にある通り、必ず、下にゴミ箱をおきましょう。
(粉塵がある程度舞いあがります。)

*カプセル内のフィルターは取り外すことができ、洗うことができます。
洗ったあとは十分に乾燥させてから、正しくしっかりはめましょう。

です。


そして、わたしが実際、

マキタ コードレス掃除機カプセル式充電式クリーナ【CL181FDRFW】

を使用した実際の正直な感想は、

「紙パック式でも良かったかも・・・・・・」

です。(*´σー`)エヘヘ


でも紙パック式を選んでいても

紙パックを取り換えながら、

「フィルター式が良かったかも・・・・・・」

とか思いそう
(で、きっと思ってるw(*´σー`)エヘヘ)

***

また長くなりそうなので、次回
【マキタ コードレス掃除機カプセル式充電式クリーナ【CL181FDRFW】を使ってみた<2>】
に続けさせて頂きます。

よろしくお願いします^^

***

↓ポチしていただけると嬉しく思います

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

【序章】マキタ コードレス掃除機カプセル式充電式クリーナ【CL181FDRFW】を買ってみた

*注意*
この記事は、マキタ【CL181FDRFW】を実際に使用している私の個人的な意見になります。

詳しい仕様、操作方法は取扱説明書などをご覧ください。
長い記事ですが、少しでも皆様の参考になると嬉しいです^^




を購入したのは、

2017年3月です。

マキタ【CL181FDRFW】を購入するまでは

東芝の掃除機を使用していました。

よく頑張ってくれましたが、

経年変化なのか、

コンセントの接触が悪くなってきていました。

もう十数年頑張ってくれていたので、

寿命だったのでしょう。

(それでも、数カ月使用し続けましたが^^;)

マキタのコードレス掃除機は、

大好きなブロガーの方々が、

記事にアップしているのをみる度に

そして、

それまで使用していた東芝の掃除機が不調をきたす度に、

購入を検討していました。

ただ、

*吸引力

*充電時間

*紙パック式とフィルター式どちらにするか

などなどが、気になるのと

マキタ【CL181FDRFW】を購入まで使用していた東芝の掃除機が、

最後のひとふんばり???

とばかりに、

数カ月がんばってくれたので、

なかなか購入に踏み切れずにいました。



しかし、やっぱり、

寿命なのか、

また、不調をきたし、


とうとうマキタ【CL181FDRFW】購入いたしました^^

***

長くなりそうなので、次回
【マキタ コードレス掃除機カプセル式充電式クリーナ【CL181FDRFW】を使ってみた】
に続けさせて頂きます。申し訳ありません^^;

↓ポチしていただけると嬉しく思います

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

寝具をTHINK

ベッド
この画像はPixabay からお借りしました。

***

睡眠は人生の3分の1を占めている大切なこと。

その睡眠を支える寝具も大切だといえます。



と真面目に始めましたが、

今回、書きたいのは夏の寝具について。

我が家は、

夫と私はお布団、

娘はベッドを使用していて、

夏の敷パッドは、

ニトリのNクールのを使用しています。

話は少しそれますが、

皆様はご存知というか、当たり前のことかもしれませんが、

この敷パッドって、

リバーシブルだったんですね・・・

実は私、知らずに、

自分の敷パッドをヒンヤリしたほう、

娘の敷パッドをタオル地のほうで、

装着していていました。

娘に、

私の布団の方がヒンヤリしている

といわれるまで気づきませんでした^^;



で、閑話休題。

皆様は夏の掛布団はタオルケットを使用していますか?

我が家は去年まで

タオルケットを使用していましたが、

今年から、タオルケットをやめ、

真夏も合掛け布団に。

これは、我が家だけなのかもしれませんが、

夏の掛布団って実質寝る前しか使用しなかったりします。

そして、エアコンをつけるようになると、

合い掛布団でも問題なく使用できています。

私だけでなく、

夫からも娘からもクレームはないので、

この夏、問題なければ、

我が家のタオルケットを手放そうかと

考えています。

合い掛布団のほうが、

長い期間使用できるので、

どちらか一方にするなら、

私は合い掛布団を選びました。

が、

寝具のこだわりは人それぞれあると思います。

お互いによい睡眠で、

快適な毎日が送れると良いですね^^


それではまた^^


↓ポチしていただけると嬉しく思います

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。